富士光明幼稚園 教育方針と幼稚園概要〜声をだすと元気になるんだね。〜

「たくましさと、やさしさを・・・」
 創設者の建学の精神は、一人一人の子供が伸び伸びと輝き、未来に向かってはばたいていく事を願って『光明』と名付け、幼児教育を始めました。
 初めて入園する子供が、”幼稚園て楽しいな”とすぐ飛び込んで遊べるよう年齢に応じた教育環境を整え、個性を重んじ進んで遊びが創造出来る子供を目指しています。
仏教情操の中では、優しさと思いやりは、たくましく育っていく健康な心と身体にあると教えられています。
集団の中で育つものは数え切れないほどありますが、時には我慢すること、嫌なことでも進んでやってみようとすること、困っている友達をみたら助けようとする思いやりの心、小さな草花にも心をとめ、小動物の飼育を通して、子供達の日々の体験の中から言い知れぬ優しさが育ちます。
 富士光明幼稚園ではこの優しさと、思いやりの心、周囲のものすべてに感謝することが出来る子供を育てたいと念じています。

富士光明幼稚園園長 十鳥 ゆりか

教育方針

  1. 豊かな自然環境の中で、動植物とのふれあいを大切にし、優しく思いやりのある子に育てる。

  2. 人とのかかわりを持つ力を育成し、両親や周りの人達に感謝する心を育てる。

  3. 一人一人の発達の特性に応じ、明るく、伸び伸びとした園生活を営み、遊びを通して総合的な指導を行う。

  4. 日常生活に必要な言葉がわかり、自分の気持ちを言葉で表現し伝え合う喜びを味わう。

  5. 豊かな感性を育て、感じたこと、考えたことを心や身体で表現する喜びを味わう。

富士光明幼稚園では、教職員一丸となって健やかな成長発達を願って努力しています。

  • ふれあいぴぴちゃん
  • 光明幼稚園の特徴
  • 園長室だよりダウンロード 準備中
  • 絵本の紹介を読む
  • 園内のエピソード(行事や日常の様子)